お悩み別治療方(シミ/肝斑/くすみ/そばかす)|フェミークリニックを徹底解剖

  • HOME
  • お悩み別治療
お悩み別治療

お悩み別治療法 一覧

シミ・シミ治療

シミの中で最も一般的なのが老人性色素斑です。10代からでき始める人もいますが、多くの方は30代~40代から目立ち始めます。別名は日光黒子と呼ばれる通り、原因は紫外線と加齢が主たるものです。

老人性色素斑

  • 普段からあまり紫外線対策をしていない
  • 若い頃、頻繁に日焼けをしていた

紫外線を浴びることが原因。紫外線で傷ついた表皮細胞がメラノサイトを活性化し続けメラニンが蓄積されます。メラニンが増えすぎて、ターンオーバーによる排出が追いつかないのが原因です。

効果的な治療法

  • レーザートレーニング
  • フォトRF SR
  • アクシダームフェイシャル

肝斑・肝斑治療

肝臓のような形に、ほほの高い位置に左右対称にできることから肝斑と言われています。形は地図のようともあらわされることもあります。主に30代~40代の方に発症しやすく、他のシミと比べれば広範囲に広がりやすく、赤色に近い黄褐色です。白人よりも日本人を含む黄色人種に多いと言われています。ファンデーションなどで隠すことが難しく、女性にとっては深い悩みでもあります。

肝斑

  • 気になシミは輪郭かほんやりしている
  • 左右対称にし日か蝶の羽のように広かっている

現状では明確な原因は解明されておりませんが、下記が原因ではないかと言われております。
・男性に出にくいことからも女性ホルモンが原因
・洗顔や顔を拭く、化粧品をつけるといった動作でこするなどの摩擦行為が刺激となり炎症が起きてメラニンが増える。
・紫外線を浴びることよるメラニン増加

効果的な治療法

  • レーザートレーニング
  • フォトRF SR
  • アクシダームフェイシャル

くすみ・くすみ治療

肌に透明感がなく明るさやつやが感じられない肌状態のこと。角層の水分量低下や肌荒れによるきめの乱れ、角層の重層化、表面状態の悪化や、血行不良による赤みの減少、メラニン量の増加による明度の低下などの要因が複合して、肌のくすみを引き起こすと考えられている。

くすみ

  • 普段からあまり紫外線対策をしていない
  • 若い頃、頻繁に日焼けをしていた

くすみにはいくつかの種類があります。
・顔の表面が冷たく青黒く見える体のめぐりの滞り。
・肌の水分が減り、うす茶色や黄色っぽく見える、肌のリズムの乱れが原因によるくすみ
・日焼けなどによる、メラニン色素の沈着が原因によるくすみ
・毛穴の汚れによるくすみ

効果的な治療法

  • レーザートレーニング
  • フォトRF SR
  • アクシダームフェイシャル

そばかす・そばかす治療

そばかすは、主に幼少期から思春期にかけてみられる症状です。形は1~4mmの小斑状です。おおむね左右対称にできるのが特徴です。部位は主に鼻根や目の下側の顔の中央部。顔以外にも手や背中などに発生することもあります。

そばかす

  • 鼻を中心に斑点が広がっている
  • 両親のどちらかもそばかすがある

遺伝的な要素が原因といわれております。また一般的なシミの原因である紫外線やターンオーバーの乱れも考えられます。

効果的な治療法

  • レーザートレーニング
  • フォトRF SR
  • アクシダームフェイシャル